進んで損をする

~ 欽ちゃんの教え ~

幸せになりたいと思うなら 進んで損をしたほうがいい。

人とつき合うときは 率先して損な役回りをすると誰かが幸運を持ってきてくれます。

自分のために損をしてくれた人がいたら嬉しくなるでしょ。

だから、人間関係が円滑になるし 一緒に仕事をする時も信頼関係が早く結べるんです。

かといって なにか見返りを求めて損をしたり相手にとって、負担になるような 極端なことをしちゃダメ。

ここはバランスを考えて行動しないと運にならない。

僕の場合、なにか事を興(おこ)すときは 必ず損から入ります。

これを覚えたのは、高校時代でした。

高校の三年間はいくつものアルバイトをしてたんですが いちばん嬉しい思いをしたのは 京橋の洋食屋さん。

何が嬉しいかって食べ物屋さんですから食材があまると、アルバイトにも 食事を出してくれたんです。

ここでアルバイトをしたのは 高校二年の夏休み。

僕と同時にあと二人学生が雇われたんですが 女主人はまず僕を見てこう聞きました。

「 仕事は3つあるの… キャベツを切ったりカツを揚げる仕事、配達、皿洗い、どれにする? 」

迷わず言いましたよ。

「 僕、皿洗いにします!」

ほんとはカツを揚げたかったけど 誰でもこれを選びそうでしょ。

だからあとの二人と険悪にならないよう 一番人がやりたくない皿洗いを選んだの。

店の主人にいいとこ見せようという気持ちもちょっとはありましたけどね。

で、皿洗いを始めたら 鍋底がみんな真っ黒。

店にあるタワシじゃぜんぜん落ちないの。

自分から選んだ仕事だったから これをどうにか落として ピッカピカにしたくてね。

自分で20円出して金属のタワシまで買って いつもお皿と鍋をきれいにしてました。

このバイトは 夏休みいっぱいの約束でした。

その最後の日に思わぬことが起こって 僕はびっくりしたのです。

バイト仲間3人で帰ろうとしていたら

「 萩本君、ちょっと!」

って店主が奥から僕を呼びとめました。

行ってみたら、こう言われたんです。

「 萩本君、よかったら卒業するまで

うちで働いてくれないかい? 」

ちゃんと僕のこと見ててくれたんだ って思いましたね。

自分から損したり、一生懸命やってれば やっぱり誰か見ててくれるんだって ・・・やけに嬉しかったな。

自慢話みたいでいやだけど でも「 損から入って一生懸命やろう!」 ってこのとき思ったのね。

どんなちっちゃなことでも 損から入るといいですよ。

人のために、自分の時間や知恵やお金を使うと

「 睡眠時間が減る 」とか「 頭が痛い 」

「 心が痛い 」「 ふところが寒い 」などなど

いろいろな不都合があると思うのね。 でも、それぐらいは 我慢しちゃうとあとで運になります。

損のままで終わる人生ってないんです。

萩本欽一著   ~ダメなときほど運はたまる~ より。

応援してもらえるという関係

先日、お客さまのお店(ヘアーサロン)で、素敵だなぁ・・・と思うことがありました。

このお店のオーナーさんの夢は、ドイツでお店を出すこと。

もちろん、今のお店を閉店して、家族と共にドイツで暮らすというものです。

ゆめ

お店のレジの横には、このような募金箱があります。

なんと・・・

多くのお客さまが募金して下さっているようです。

これって、とても素敵なことではないでしょうか。

ある意味、美容師と顧客という関係を超えて、確かな心の繋がりがあるからこそ、その人の夢を応援しよう!と思えるのだと思います。

以前、先輩社長に教えられたことがあります。

それは、

「 自分の夢を持つこと、その夢を叶えることも素敵だが、人の夢が叶えられるように応援することの方がもっと素敵なこと!」

その言葉を思い出しました。

人生は、二度なしです!

ドイツへの出店、是非とも実現して欲しいと思います。

リーダーは地平線を見つめる

理念は山へ、ビジョンは海へ…と言われます。

今回は、箕面の自然の中で理念経営について考えました。

箕面2

あらためて、気づいたことは、

いかに目標だけを追いかけていたのかということです。

目的は追求し続けるためにあり、

目標は達成するためにある。

しかし、気がつけば目的の追求どころか、

目標を追うのではなく、目標に追われている。

これらはすべて、

理念から降りてくる「Mission Statement」を本気で実現しようとする姿勢、

目的を追求していないことが真因だと気づくことが出来ました。

「 誰のために、何のために」

これが、マネージャーは足元を見つめ、

リーダーは地平線を見つめる!と言われていることではないでしょうか。

会社に行きたい人たち

先日ある動画を観ました。

その動画は、ある会社の社員インタビューでした。

インタビューの中で

「 休みを増やすより、会社に行きたい!」というのがとても印象深かったです。

どうして会社に行きたい!と答えたのか…

ここを考えてみると、とても大事なことに気づくことが出来ました。

それは、お金のためだけではない!ということです。

確かにお金は大事です。

しかし、

自分の仕事がお金に見合うかを考え出すと、どうしてもハートがお金になってしまいます。

( 日本では志、アメリカではハートと言う表現が多い )

ハートとは、誰のために、何のためにから来る使命感だと思います。

この会社の社員さんが、休みを増やすより会社に行きたい!と語ったのは、

仕事をすることで、社会が良くなるという実感があるのだからだと思います。

まさしく、これが仕事の意味と価値。

もう一度、同じ動画を観て、もっともっとハートで仕事ができる自分たちであれるように、

熱量を上げていきたいと思います。

 

影響を与える

先日、京都に行く機会があり、駅から目的地までタクシーで移動しました。

京都と言えば、MKタクシーですが、

急いでいたので、駅前のタクシーに乗車しました。

乗車してすぐに運転手さんが挨拶してくれたことに思わずビックリし、

目的地までのルート選択を丁寧に伝えてくれたことに、またビックリしました。

そして、車内の温度はいかがですか?と聞かれ・・・この丁寧な接客は、まるでMKタクシーのようでした。

その後、よろしければどうぞ・・・と飴を戴き、

目的地に着いても、キチンと安全確認をしてから下車させて戴きました。

「本日は、ありがとございました」というお礼にも感情が入っていて、とても気持ちが良かったです。

これまで、タクシーに乗って嫌な気分になったことは何度もありました。

社内はタバコの臭いが充満し、無愛想で、タメ口・・・

お金を支払う時に、お礼も言わない。

今日、タクシーに乗って感じたことは、タクシー会社も変わってきているということ。

どうして変わったのか・・・

それは間違いなく、影響を与えている会社があるからだと思います。

その会社は、MKタクシーではないでしょうか。

自社の質を高めることで、同業者にもいい影響を与える。

強力なライバル会社がいるから、自社も変われるのと同じこと。

私たちも、同業者にいい影響を与えることが出来る会社にしていきたいと思った京都での出来事でした。

 

元気を与える

■CHALLENGE神戸のワールド記念ホールで行われたE.YAZAWAライブに行きました。

( E.YAZAWAライブはファンの間では集会と呼ばれています。)会場に入ると…熱烈なファンの応援があり、とても盛り上がっていました。

ここ5年間で4回目のE.YAZAWAライブですが、年を重ねるたびに、矢沢永吉がよりカッコよくなっていくのが、たまらなくシビれるところです。

65歳を過ぎて、あのパフォーマンスができるのは凄い!と思うと同時に、引き締まった身体はプロとしての徹底した自己管理があってこそ。

そんな矢沢永吉を目の前で見た人は、私を含めて皆元気をもらっているのだと思います。

矢沢永吉があれだけのことができるのであれば、自分たちもまだまだ頑張れる!という元気です。

あらためて、プロという仕事は、

人に元気を与える仕事であり、人のしあわせに貢献している仕事だと実感したE.YAZAWAライブでした。

善きことを想う

蒔いた種に応じて、果実を収穫する。

善い行いをした人は、良い報いを得る。

悪い行いをした人は、悪い報いを得る。

自分の成したことの結果は、すべて自分に降りかかる。

成した者が成した結果を受け取るのがこの世の法であるというお釈迦さまの教えです。

同じことを、論語でも聖書でも言われています。

まさしく、これが真理なのだと思います。

善い行いをする人は、人から好かれ、尊ばれ、祝福されて 喜びの中にいる自分を見出す。

人にいつも優しくすると、その人が不運の時、困った時に良い果報が返ってくる。

そうでないと思う時は、まだまだ自分の徳が足らないと自覚することが大切ではないでしょうか。

人を嫌うと嫌われる。

人を好くと人から好かれる。

人を怒ると人から不評と文句が返ってくる。

人から奪うと人に奪われる。

不満を口にすると自分のことを不満に思う人が増える。

善意を与えると次の善意が生まれて心に喜びが生じる。

30歳を過ぎた頃から、この原理原則に気づき、原理原則に従う生き方をした方が、成功するということです。

「 善きことを想う 」

「  善きことを成す  」

プロゴルファーでもそうですが、ライバルのショットやパットを見て、ミスしろ~と思っている人には勝利の女神が微笑まない。

一流プレーヤーほど、ライバルのパットを見て、入れ!と叫ぶと言われます。

この精神性の高さが、紙一重の勝利をものにする秘訣なのではないでしょうか。

あらためて、人の「 善きことを想う 」ことの大切さ。

私たちの仕事も、お客さまの「 善きこと 」を想ってする。

だから、営業という仕事は善たる行為であり、

人間的に成長させてもらえる、とても大切な仕事なのだと思います。

 

震災の教え

熊本で起きた地震…一日でも早く余震が治まり、収束に向かうことをお祈り致します。

私たちも阪神大震災を経験しましたので、言葉にならない部分が沢山あるのも正直なところです。

先日、東日本大震災において、どうして東北の人たちが早く立ち直ったのか…というお話をうかがったことがあります。

その教訓は、人を助けようとする人が早く立ち直る!ということでした。

逆境の時に、本当にピンチな時に、自分がどんな人間なのかが浮かび上がってくると言われます。

本当に苦しんでいるから、苦しんでいる人の気持ちがわかる…

常に順調だとは限らない。

仕事の人生も全く同じこと。

逆境の時にこそ、本当にどうすべきなのか?…と、問い続けることによって本当の自分が出てくる…

ここが本当の自分との出会い。

今回、とても大切ことをご教授戴きました。

Business for Peace

NEWブログをスタートします。

Business for Peace・・・私たちの仕事は世界平和へ繋がっています。

この仕事の意味と価値を様々な観点から綴っていきたいと思います。

また、仕事と人生をより良くしていくための考え方や原理原則についても思うままに綴っていきたいと思います。