「 ToughさとPureさ 」

先日、お世話になっているサロンのオーナーさんが帰国されましたので面談させて戴きました。

地元でサロンを経営しておられましたが、店長さんたちにお店を任せて、ご自身はロサンゼルスでサロンを経営されておられます。

OPEN当初から日本人が経営するサロンという理由で、お客さまさまが来店して戴けたとのことでした。

しかし、これは先人の方々の努力(日本人の美容師さんの腕はいい!という評判)のお陰であり、自分の実力ではない!ここを勘違いしてはならない!

そう思われて、自分としての努力を重ねて来られました。

そして、自分がこのような日本人美容師の評判を下げてはいけない!

だからこそ、日の丸を背負っている気持ちで真剣に仕事に打ち込みました!・・・と語って下さいました。

また、1人の美容師としてだけではなく、美容室を経営するということにおいても、沢山のお悩みがあり、

とにかく、考えた方の違いに戸惑われたそうです。

自分主義という考え方を理解しているつもりでいたが、実際は理解しきれていなかった。

様々な人の問題があり、精神的にToughさを身につけた一方で、人を純粋に信じるというPureさを失うのが怖くなっていく・・・

このToughさとPureさの中で、経営者として成長させて戴いている・・・とお話戴きました。

私たちの当たり前や常識が、国境を越えれば、当たり前でも常識でもなくなっていく。

ここを改めて理解した上で、その人たちと向き合っていく。

ToughさとPureさ

経営を続けていくからこそ、悩み続けることがある。

とても大切ことに、気づかせて戴きました。

ありがとうございました。

「 想いがあるから 」

先日、北九州にある介護福祉の会社に訪問しました。

その会社の社員さんたちのお話を伺うことが出来ました。

責任が重い仕事であり、辛い経験も沢山されておられ、それでも、仕事を頑張れているのは、理念とビジョンに支えられているからだということが、とてもよくわかりました。

介護を義務教育化にする!

日本の介護が世界を救う!日本の介護がノーベル賞を受賞する!という素晴らしいビジョンです。

仕事の目的がしっかりしていて、使命感を持って仕事をするからこそだと思いました。

事業所にお伺いし、介護福祉協会の理事の皆さんのお話しを伺うことも出来ました。

これは、介護福祉だけの話しではなく、美容業界のこれからを含めて、しっかり考え、私たちが協力して戴ければならないことだと確信しました。

始めて事業所を訪問させて戴きましたが、胸が詰まる現実と、利用者さんのこと想った沢山の愛に、感動しました。

事業所の前には手作りのお花畑があり、お部屋から見えるようになっています。

入口にも沢山のお花が咲いています。

お花があることで、本当に気持ちが優しくなります。

美容業界は、生涯美容師さんによる生涯顧客づくりが大切なテーマです。

健康寿命もあれば、不健康寿命もあります。

だれもが、通る道です。

人をしあわせにすることが目的の美容であるからこそ、今後の美容と福祉をしっかり考えたいと思います。

きらめきの皆さま!ありがとうございました。

皆さんの想いと行動は、とってもきらめいていました!